特定健診・健康診断

 

国民健康保険特定健康診査について

当院では、国民健康保険特定健康診査(特定健診)を行っています。
特定健康診査(特定健診)とは国民健康保険に加入されている方を対象にした糖尿病などの生活習慣病の原因となるメタボリックシンドロームを予防・早期発見することを目的とする健康診査です。

対象者

四日市市国民健康保険に加入している40歳から74歳の方

(昭和18年9月1日生まれの方から昭和54年3月31日生まれの方)※2018年6月現在

※ 昭和18年9月1日~昭和18年11月30日生まれの方は誕生日の前日が受診券の有効期限となります。
※ 昭和18年8月31日以前生まれの方は後期高齢者健診(三重県後期高齢者医療広域連合が実施)の対象となります。

※ 受診券が届いた方でも健診当日に国民健康保険に加入していない方(職場の健康保険や後期高齢者医療などに加入している方)は特定健診を受けられません。
国保に加入していない時期に受診された場合は健診費用が全額自己負担となります。

※社会保険等の資格は日付をさかのぼって認定されることもあります。市国保特定健康診査を受診する際は、必ず職場等に加入日を確認してください(ご家族の保険に扶養申請をされる場合も同様に、必ず確認をお願いします)。

詳しくは四日市市役所ホームページでもご確認いただけます。

実施期間

平成30年7月1日~平成30年11月30日まで

※誕生日が昭和18年9月1日~昭和18年11月30日の方は誕生日の前日までが受診券の有効期限
になります。
75歳になると後期高齢者医療制度に変わるため受診券は使用できなくなります。

検査項目
  • 問診
  • 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
  • 理学的検査(視診、触診、聴打診)
  • 血圧測定(最高血圧、最低血圧)
  • 血液検査(脂質検査、肝機能検査、血糖検査、腎機能・尿酸検査)
  • 尿検査(尿糖、尿蛋白、尿潜血)
  • 心電図検査(心電図)
  • 貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)
  • 眼底検査(一定の基準に該当し、医師が必要と判断した場合のみ)
 

企業健診

当院では、企業、法人を対象にした企業検診も行っております。
企業健診とは、労働安全衛生規則第44条により、1年に1回定期的におこなうことが義務づけられている法定健診です。35才および40才以上の方はこちらになります。

(34才以下および36-39才の方で医師の判断にて検査項目を省略できる場合もあります。)

 検査内容 診察、身体測定、血圧測定、視力検査、聴力検査、 尿検査、胸部X線検査、貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、心電図検査